フォルテピアノ

 

ロバート・ブラウン製作(2006年、ザルツブルク)

アントン・ヴァルターモデル(1800年頃)

 

鍵盤FF~g3 (5オクターヴと2鍵)

 

ロバート・ブラウン氏のホームページ:

http://www.fortepiano.at/

 

ブリュッセル留学中の2004年に、ブリュッセル王立楽器博物館ホールに常設されていたロバートの楽器に触れる機会があり、その素晴らしい響きに惚れ込み、すぐにザルツブルクの工房へ注文しました。我が子のように愛おしい楽器です。

チェンバロ

 

久保田彰製作(2000年、埼玉)

フレミッシュタイプ(久保田オリジナル)

8' 8" 4'

鍵盤FF~f3 (5オクターヴ)

 

久保田彰氏のホームページ

http://www.kubota-cembalo.com

 

大学1年生の時に出会った久保田さんの楽器に一目惚れをし、すぐに注文させて頂きました。響板や蓋の裏の絵も、久保田さんご自身のご製作。引っ越しに伴って、東京〜ドイツを往復していますが、コンディションは非常に安定しています。